自分自身や周りの大切な人のうつ症状に気付くには

ページトップへ

キラキラ

病院に行くとき

医療機関選び

うつ病を疑って病院を受診する際には、専門医のいる医療機関へ行く事が必要です。精神科や神経科、また精神神経科といった科目、または心療内科と表現する医療機関も最近は増えてきました。その他には、メンタルクリニックといった名称や、診療所に精神的な疾患や心の病気といった事のニュアンスを出している医院やクリニックも多いです。大学病院や、大きな総合病院の精神神経科と街のクリニックなど小規模な医院では、どちらが良いかという事もよく聞かれますが、その規模だけで病院の良し悪しは決まるものではありません。多くの患者を扱いすぎて、細かい所まで目の回らない病院がある事や、こじんまりとしているが、しっかりフォローしてくれる病院もあります。様々な病院の情報を集めて、比較して本当に相性の良い病院を探すのが良いと言えます。

診察の流れ

うつ病の診断は、その症状と、問診から行われます。行なっている仕事のことや両親、夫婦、子どもとの関係、飲酒や喫煙の有無や頻度といった事から趣味まで、一見して診断に関係なさそうな事まで細かく質問されます。しかし、関係なさそうに思えても、全てはそのうつ病の症状と繋がった事象なので、本当の事もひとつひとつ丁寧に答えていく必要があります。また、うつ病の症状というのは、1回や2回の通院で症状が改善する事は非常に稀です。定期的に通院して、場合によっては入院して治療が必要な場合もあるのです。

症状改善の為の方法について

うつ病の症状が出た場合はまずは心療内科へ行き先生から治療方法を聞いてください。 その後自分の体調を確認しながら無理のないように治療を行っていきましょう。 まず、医師からは薬物療法としてお薬を処方されます。 説明された通りに薬による治療を行ってください。 そして、カウンセリングによる認知療法ですが、受ける人と受けない人と分かれます。 認知療法はうつ病の根本的治療として役に立つ治療なので出来る限り受けることをオススメします。 この他の方法として運動療法があります。 うつ病によって体と心に不具合が生じている状態での運動はとても大変です。 なので、自分の体調と相談しながら運動を行ってください。 運動による生活改善でうつ病に対するの自然治癒力が上がります。 これらの方法を正しく行っていくことで症状を改善させることができます。