自分自身や周りの大切な人のうつ症状に気付くには

ページトップへ

キラキラ

まわりの出来る事

うつ病の治療に重要な役割を果たす、家族・周囲のサポートですが、間違った方法でサポートを行うと、治療を促進するどころか、悪化させてしまう危険性もあります。家族や周りは、うつ病の診断を受けた人がいる場合、またうつ病だと思われる症状を呈している場合には気をつけるべき事があります。それは、励まさないずに、「頑張って」という言葉を使わないようにしましょう。うつ病の人は、元々が努力家な人が多く、うつ病になってやる気が無くなり、周りに迷惑をかけているのではと感じる人が多いです。自分でどうにも出来ない思いを抱える人にとって、「頑張って」などの励ましの言葉は突き刺さるような言葉に聞こえる事もあるのです。また、決めつけたような物言いも良くないです。うつ病の症状が出ている人の中には、理論的な会話が成立しない人も多く見受けられます。こうすべきだ、それは何々だ、とうように会話で相手の事を決めつけるような物言いは、本人にとってかなりのストレスになります。

うつ病の症状が出始めた人に家族やまわりがしてあげられる事、それは患者さんの話に耳を傾ける事です。ひとりで様々な事を抱え込んでいる人が多いのがうつ病なので、ただ話しを聞いてあげることによって症状が改善されていきます。話しやすい環境を整えるなどの方法を取る事もうつ病の治療にとっては有効だと言えます。悩みや抱えている不安を他人に話すだけでも、心が軽くなるものなので、辛抱強く聞いてあげる事が大事です。